CONTACT
TOP
製品・サービス PRODUCTS / SERVICES

製品・サービスPRODUCTS / SERVICES

ストーカ式焼却炉

ストーカ式焼却炉

納入数国内No.1豊富な実績に基づく
高度な技術で、
安心・安全かつ高効率なごみ処理を実現します。

国内で最も古い歴史を持ち、最も普及しているごみ処理方式が、このストーカ式焼却炉です。現在、大多数の焼却炉がこの処理方式であり、タクマは国内No.1の建設実績を有しています。
タクマは、豊富な実績に基づいた高度な技術・ノウハウにより、お客様のニーズにあわせて安全・安心かつ高効率なごみ処理を実現します。

大田清掃工場(600t/日)
大田清掃工場(600t/日)

ストーカ式焼却炉の処理フロー

ストーカ式焼却炉の処理フロー
ごみの流れ
プラットホームからごみピットへとごみを投入します。ごみピットに貯留されたごみはごみクレーンによって、焼却炉に投入されます。
灰の流れ
焼却炉から出た焼却灰は灰押出装置により灰ピットに送られ、灰クレーンにより搬出されます。また、ろ過式集じん器で集められた飛灰(排ガスとともに飛んでいく灰)は、飛灰処理装置にて無害化されます。
排ガスの流れ
焼却炉から出た排ガスは廃熱ボイラ、エコノマイザ、減温塔により温度を下げられます。ろ過式集じん器にてばいじん(飛灰)・塩化水素・硫黄酸化物・ダイオキシン類が、脱硝反応塔によって窒素酸化物が除去され、無害化された後煙突から大気へ放出されます。
蒸気の流れ
焼却により生じた熱によって廃熱ボイラ内で発生した蒸気は、蒸気タービンに入り発電のために使われます。蒸気タービンからの排気蒸気は、蒸気コンデンサで水に戻され、ボイラ給水に使用されます。

技術の紹介

燃焼システム

あらゆるごみを完全燃焼させ、安定処理します。

ストーカ

ストーカとは火格子を階段状に並べた燃焼装置です。階段状の火格子が前後に動くことで、ごみと空気が効率的に接触でき、「ごみ」という不均質な性状なものでも安定して燃焼させることができます。

ストーカ式焼却炉の構造
火格子は可動段のみが前進・後進を繰り返し、ストーカ上のごみを下流に送ります。火格子の前進・後退により、ごみは撹拌され、効率よく空気と接触し、良好な燃焼が行われます。
ストーカ式焼却炉の構造
ストーカ式焼却炉の構造
水冷火格子
水冷火格子

タクマはストーカの豊富なラインナップを有しており、あらゆる自治体の特徴に合致した焼却炉を提供することができます。
廃プラスチックなどが多く含まれ、ごみの熱量が高い自治体に対しては、冷却性能に優れた水冷火格子を採用することで、ストーカの耐久性向上と長寿命化を可能とします。

高度燃焼システム

ごみを完全燃焼させるには、燃焼用空気を焼却炉内に供給する必要がありますが、この空気量を減らすことができれば、廃熱ボイラにおける熱回収を増やして発電量を増大できるとともに、排ガス処理設備のコンパクト化が可能となります。
タクマは、ろ過式集じん器出口の排ガスを焼却炉内に戻す「排ガス再循環システム」や、レーザ式O2分析計を用いた「高度自動燃焼システム」などの高度な燃焼システムにより、ダイオキシン類などの発生を抑えつつ、安定した低空気比燃焼を実現します。

高度燃焼システム

排ガス処理システム

排ガス中の有害物質を確実に除去するとともに、ライフサイクルコストの低減に寄与します。

飛灰循環システム

消石灰の反応モデル
消石灰の反応モデル

ろ過式集じん器で捕集される飛灰には、ばいじんや反応生成物に加え、消石灰が一部、未反応の状態で含まれます。タクマは、この未反応の消石灰を含む飛灰を、ろ過式集じん器入口に再投入し、従来は廃棄していた未反応薬剤を有効利用する「飛灰循環システム」を有しています。
この技術により、消石灰使用量を低減できるとともに、最終処分量の低減も実現します。

飛灰循環システム

高効率乾式排ガス処理システム

タクマはナトリウム系薬剤を用いた「高効率乾式排ガス処理システム」も有しています。
このシステムでは、酸性ガスの除去率が飛躍的に向上するため、発電以外に使用する蒸気量を最少化でき、蒸気タービンによる発電量を増大させることができます。

高効率乾式排ガス処理システム

触媒脱硝装置オンサイト再生システム

脱硝反応塔
脱硝反応塔

脱硝反応塔の触媒は一定期間ごとに再生処理を行い、機能を回復させる必要がありますが、従来の触媒再生方法は、脱硝反応塔から触媒を取り外し、専用工場まで移送して再生するものでした。
タクマの「触媒脱硝装置オンサイト再生システム」は、脱硝反応塔に触媒を取り付けたまま、触媒の再生を行うことができるシステムです。このシステムにより、触媒再生にかかる時間とコストを大幅に縮減できます。

本システムは、一般財団法人エネルギー・資源学会より「第5回学会賞」を、一般社団法人日本産業機械工業会が主催する第41回優秀環境装置表彰において「経済産業省 産業技術環境局長賞」を受賞しました。

オンサイト触媒再生システム
循環ファンで高温の空気を脱硝反応塔に送り込みます。
触媒に付着した、触媒劣化の原因物質である酸性硫安など(NH4HSO4、(NH4)2SO4)は、高温空気によりアンモニア(NH3)と硫黄酸化物(SO2)に分解されます。
NH3は一部が酸化されて窒素酸化物(NOX)となり、残ったNH3と触媒表面で反応して水(H2O)と窒素(N2)に変わり無害化されます。
SO2は脱硝反応塔から排出され、外部に取り付けたSO2ガス除去装置で無害化されます。

余熱利用システム

安定的なエネルギー供給拠点としての役割を果たします。

高効率ごみ発電

ごみ処理施設では、廃熱ボイラで発生した蒸気を利用し、蒸気タービン発電機により発電します。ごみ処理施設内の電力をまかなうだけでなく、余剰電力は電力会社に送電できるため、ごみ処理施設は発電所としての役割を果たしています。
タクマは、廃熱ボイラの蒸気条件の高温高圧化や蒸気タービンの最適設計などの、発電効率を最大化する様々な技術により、高効率なごみ発電を実現します。

廃熱ボイラ
廃熱ボイラ
蒸気タービン発電機
蒸気タービン発電機

地域への熱供給

電力以外にも、ごみの焼却によって発生する熱を利用して蒸気や温水をつくり、周辺の施設に供給することができます。タクマはごみから生まれるエネルギーを最大限に活用し、地域の方々に親しまれる施設を提供いたします。

地域への熱供給
納入事例

その他の一般廃棄物処理プラント