CONTACT
TOP
企業情報 COMPANY

企業情報COMPANY

経営理念

世の中が必要とするもの、世の中に価値があると認められるものを生み出すことで、社会に貢献し、企業としての価値を高め、長期的な発展と、すべてのステークホルダーの満足をめざす。

2006年、タクマならびにタクマグループの経営理念として当社(当時は田熊汽罐製造株式会社)創業の精神である《汽罐報国》の価値観を整理し明文化しました。
自らが生み出す財・サービスによってお客様、ひいては世の中に貢献することを目指しております。これは現在企業経営の重要課題となっておりますサステナビリティ(持続可能な企業活動)やESGにも通じる理念ともいえます。

社是

社是

当社(当時は田熊汽罐製造株式会社)創業の精神である《汽罐報国》に替わる社是として1992年に制定しました。社員一人一人がそれぞれの個性、才能を最大限に発揮して、常に業界の先端を行く技術を磨き、それによってこの地球環境を守っていくことを当社の使命としております。

創業の精神「汽罐報国」

当社の創業者であり、明治・大正期の日本十大発明家でもあった田熊常吉が掲げた当社(当時は田熊汽罐製造株式会社)の社是で、「汽罐=ボイラ」の製造・販売・サービス等の企業活動を通して「報国」すなわち社会に貢献することを意味します。

社章

社章<

当社(当時は田熊汽罐製造株式会社)の創業に際して定めた社章で、「研究」「製作」「据付(設置工事)」の進歩が社業の支柱であるとして、この三つの信条を三角形にかたどり、図案化した社名(タクマ)をあしらっています。常に製品の向上を目指し、お客様や社会に貢献しようとする当社の永遠の願いを表しています。

関連情報

創業者 田熊常吉