一緒に育てる タクマのESG Environment / Social / Governance

タクマのESG

タクマは、ごみ処理・水処理・
エネルギープラント事業を展開している会社。
だからこそ、「環境」や「エネルギー」と
日々真摯に向き合っています。
2021年より、
ESG(E:環境 S:社会 G:企業統治)を
自分たちの取り組みに落とし込み、
長期的かつ持続的に必要とされる
企業であり続けることを目指しています。
タクマのESGは、まだ最初の1歩です。
「一緒に育てるタクマのESG」を合言葉に、
これから全社・全グループ、
そしてタクマに関係する方々とともに
タクマのESGを育てていき、
未来を明るくしていきます。

タクマについて

100年の歴史がある
株式会社タクマは
ESG経営で2030年へ

1912年、 当時、世界最高の性能を持ったボイラを発明し、国産化に成功しました。この100年の歴史の中で、タクマはボイラをきっかけに、日本初の連続式ごみ焼却プラント、世界初の真空式温水給湯機、バイオマス発電所など、自分たちの技術を活かし、お客様が困っていることに応え続け、ここまで成長しました。
2021年、タクマはこれまでの考え(創業の精神「汽罐報国」)をESGと融和し、発展させることで、新たにESG経営を打ち出します。今まで培った技術や開発力、イノベーティブな姿勢などを活かし、よりお客様や地域のみなさま、社会、環境に必要な存在となっていきます。SDGsの達成を目指すことはもちろん、これからの企業のあるべき姿として。2030年に向けて、タクマはあゆみを止めません。

タクマが課題解決する
7つのマテリアリティ

タクマのESGを進めるにあたって、優先的に取り組むべき7つのマテリアリティ(重要課題)の特定と取り組みを評価する指標(KPI)を設定しました。
今後、事業を通じて各マテリアリティの解決に取り組むことで、SDGsの達成にも貢献し、お客様や社会に必要な存在となっていきます。

  • E 気候変動対策への貢献
    気候変動対策への貢献
    • 再生可能エネルギーの普及
    • エネルギー効率の改善

    詳しく読む

    気候変動対策への貢献
  • E 資源・環境保全
    資源・環境保全
    • 資源保全、環境負荷の低減
    • 未利用資源の有効活用

    詳しく読む

    資源・環境保全
  • S お客様・地域との
    信頼関係の一層の強化
    お客様・地域との信頼関係の一層の強化
    • お客様満足の追求
    • プラント・設備の安定・継続稼働
    • 地域資源循環、地域に新たな価値の創出

    詳しく読む

    お客様・地域との信頼関係の一層の強化
  • S パートナーシップと
    イノベーションの推進
    パートナーシップとイノベーションの推進
    • デジタル技術の活用(AI・IoT・ロボットなど)
    • 開かれたパートナーシップ
    • イノベーションの推進

    詳しく読む

    パートナーシップとイノベーションの推進
  • S 人材の活躍促進
    人材の活躍促進
    • 人材の確保・育成
    • ダイバーシティの推進
    • 従業員満足度の向上

    詳しく読む

    人材の活躍促進
  • S 安全と健康の確保
    安全と健康の確保
    • 労働安全衛生の確保
    • 従業員の健康管理
    • 働きやすい環境の整備

    詳しく読む

    安全と健康の確保
  • G コーポレート
    ガバナンスの強化
    コーポレートガバナンスの強化
    • コーポレートガバナンスの強化
    • リスクマネジメントの強化
    • コンプライアンスの徹底

    詳しく読む

    コーポレートガバナンスの強化