CONTACT
TOP
新着情報 NEWS

新着情報NEWS

2022.04.05

今治市クリーンセンター余剰電力地産地消事業の落札について

当社子会社の株式会社タクマエナジー(本社:兵庫県尼崎市、社長:西村賢一)は、愛媛県今治市との間で、当社が2018年に納入した今治市クリーンセンター(バリクリーン)で生み出される電力を市内の公共施設へ供給する契約を締結しました。2022年4月より稼働開始する高橋浄水場(バリウォーター)など市内6つの公共施設へ電力を供給し、地域で作られたエネルギーをそのまま地域で使う地産地消を推進します。

事業の目的

今治市クリーンセンター(※1)は、市内で排出される家庭ごみなどの一般廃棄物を焼却・リサイクルする施設で、焼却時の熱を利用した発電も行っています。また「安全安心で人と地域と世代をつなぐ今治市クリーンセンター」を基本コンセプトとしてデザインされた、地域の憩いの場・防災拠点としての機能を有したごみ処理施設でもあります。
今治市は環境に配慮したまちづくりを目指しており、本事業では、地域で排出されたごみをエネルギー源として今治市クリーンセンターで発電した電力を地域の公共施設で活用する電力の地産地消を実施し、地域資源である廃棄物の有効利用を通じて循環型社会の形成を推進します。

今治市クリーンセンター(バリクリーン)
今治市クリーンセンター(バリクリーン)

今後の取り組みについて

今後は、電力の地産地消に加えて、一部施設を自己託送の活用(一般送配電事業者の送配電網を利用して、今治市クリーンセンターから市内の公共施設へ直接電力を供給する仕組み)によって、より自立的な地産地消スキームの構築と公共施設におけるさらなる電力コストの削減を目指した協議を開始します。

地域の廃棄物から生まれた電力を地域に還元するこの取り組みは、廃棄物処理施設に対する地域の方々の理解を深めていただくだけではなく、電力費の削減を図りながら、地域循環共生圏の構築や、地域脱炭素にも貢献することが可能です。廃棄物やバイオマス由来の電力を地域に供給するこの取り組みは、タクマエナジーでは5件目の実施となります。

(電力供給のスキーム)
(電力供給のスキーム)

これからもタクマグループは、廃棄物やバイオマスを燃料とする発電プラントの建設やその電力供給などの事業を通じて、再生可能エネルギーの普及と温室効果ガスの排出削減に貢献し、ESG課題(※2)でも掲げる気候変動対策への貢献、資源・環境保全を図り、持続可能な社会の形成を目指してまいります。

(※1)今治市クリーンセンターの紹介
https://www.takuma.co.jp/pickup/bari_clean.html

(※2)当社のESGへの取り組みについて
https://www.takuma.co.jp/esg/

事業の概要

発注者
愛媛県今治市
施設概要
今治市クリーンセンター(バリクリーン)
焼却施設処理能力
:174t/日
発電出力
:3,800kW
供給先
今治市内の高橋浄水場(バリウォーター)、下水浄化センターなど6施設
供給期間
2022年4月1日~2023年3月31日

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

株式会社タクマ 経営企画本部 広報・IR部
TEL: 06-6483-2602 06-6483-2602

株式会社タクマエナジー
TEL: 06-6487-4870 06-6487-4870