CONTACT
TOP
新着情報 NEWS

新着情報NEWS

2022.01.27

水再生センター砂ろ過設備の更新工事を受注(東京都下水道局向け)

株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:南條博昭)はこのたび、東京都下水道局より「落合水再生センター砂ろ過機械設備再構築工事」(以下、「本工事」)を受注いたしました。

全国には約2,200か所の下水処理施設がありますが、供用開始から15年以上経過した施設が8割を超えるなど老朽化が進んでおり、設備の更新需要が高まっています。落合水再生センターは、1987年(※1)に砂ろ過設備の運転を開始して以降、区域の下水を処理する他、再生水の一部を都心部ビルのトイレ洗浄や水質改善のために河川水量の増加に利用するなど、水資源を有効活用し、都市の良好な水環境に貢献しています。本工事では、同施設にて下水の高度処理を行う老朽化した砂ろ過設備を更新します。
(※1)落合水再生センターは、1964年に処理場が完成、1987年に砂ろ過設備の運転を開始。

今回納入する高速上向流移床型砂ろ過設備は、コンパクトながら従来の2-3倍のろ過能力があります。既存の固定床式砂ろ過設備をそのまま更新する場合に比べ、設置池数の削減や工期短縮を図りながら、工事期間中も通常の処理水量を維持したまま更新することが可能です。当社の常に安定したろ過性能を発揮できる設備と、日常運転の制約を最小限に抑えた更新工事により、安定的な水処理を継続いただくことで、同区域の水環境の保全に貢献します。

砂ろ過設備
砂ろ過設備

当社の砂ろ過設備はこれまでお客様の多様なニーズにお応えすることで実績を積み重ね、1979年以降2,700台以上を納入してきました。当社は今後も、これまでに培ってきた豊富な実績と水処理技術をもとに、お客さまや社会に必要とされる砂ろ過設備や下水汚泥焼却発電システムなどの提供を通じて、ESG課題(※2)でも掲げる資源・環境保全を図り、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

(※2)当社のESGへの取り組みについて
https://www.takuma.co.jp/esg/

事業の概要

発注者
東京都下水道局
工事名
落合水再生センター砂ろ過機械設備再構築工事
建設場所
東京都新宿区上落合1-2-40
工事内容
既存の固定床式ろ過設備から高速移床式砂ろ過設備への更新
施設規模
全体水処理量34万㎥/日のうち、13万㎥/日の更新
契約金額
24億7,000万円(消費税抜き)
契約工期
2021年12月~2025年1月

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部 広報・IR部
TEL: 06-6483-2602 06-6483-2602