2018年12月21日
株式会社タクマ

福岡市向け資源化センター設備更新工事の受注について

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:加藤隆昭)は、このたび、福岡市より「東部資源化センタープラント設備更新工事」を受注いたしました。

 本工事は、不燃性ごみ及び不燃性粗大ごみの破砕選別処理を行う中間処理施設である「東部資源化センター」の老朽化したプラント設備を更新するもので、既存の建物を残した状態で、既存プラントの撤去・更新を行う、既存ストックを活用した事業となります。

 当社は、国内外のごみ焼却施設で累計360施設以上、廃棄物破砕・資源化施設で80施設以上を納入しており、これらの豊富な実績に基づく経験と技術を活かし、今後も顧客ニーズに応じたプラントを提供してまいります。

工事の概要

発注者 福岡市
工事名 東部資源化センタープラント設備更新工事
建設場所 福岡県福岡市東区蒲田5丁目11番1号
施設規模 不燃性ごみおよび不燃性粗大ごみ処理施設 75t/日
契約金額 2,220,000,000円(消費税等相当額を含まず)
契約工期 2018年12月20日~2021年3月15日

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2018年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ