2018年10月17日
株式会社タクマ

株式会社サラ向けバイオマス発電設備のO&Mを受託

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:加藤 隆昭)は、このたび、当社グループ会社の株式会社タクマテクノス(本社:東京都中央区、社長:辻 一徳)と共同で、株式会社サラ(本社:岡山県笠岡市、CEO:小林 健伸)より民間企業向けでは当社初となるバイオマス発電設備のO&M(Operation & Maintenance)を受託いたししました。

 株式会社サラは、半閉鎖型グリーンハウスを用いた野菜栽培とバイオマス発電を組み合わせた世界最先端の施設園芸事業を推進するベンチャー企業で、現在、岡山県笠岡湾の広大な干拓地において、国内最大規模となる13haの半閉鎖型グリーンハウスとバイオマス発電プラントの整備を進められております。操業が始まる2019年4月からは、美味しく、新鮮で、安全・安心なチェリートマト、パプリカ、リーフレタスが年間を通じて出荷されます。

 当社は、このたびのO&Mの受託に先立ち、同社よりバイオマス発電設備と燃焼ガス浄化装置(以下、本設備)を受注し、現在本設備の建設工事を行っております。本設備は主にPKS(パーム椰子殻)等の輸入木材や、周辺地域の一般木材をバイオマス燃料として利用するもので、発電規模は10,000kWになります。本設備で発電した電力の一部をグリーンハウスに供給するとともに、回収した熱を野菜栽培に必要な暖房・除湿冷房用の熱源として利用するほか、燃焼ガスから精製した二酸化炭素を野菜栽培に活用する計画とされております。また、発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の適用を受ける計画で、当社グループの株式会社タクマエナジー(本社:兵庫県尼崎市、社長:樫本 茂樹)が当該電力を購入する予定です。

(スキーム図)
(スキーム図)

 今回受託したO&Mは、稼働開始後20年間の本設備の運転管理とメンテナンスを一括して受託するもので、当社と、当社グループ会社で都市ごみ焼却施設等の運転・維持管理事業を行うタクマテクノスが共同で取り組みます。当社独自開発の運営支援システムPOCSYS®を導入し、都市ごみ焼却施設のDBO・O&M等の運営事業において蓄積してきたノウハウを水平展開することで、より高品質で効率的な運転・維持管理を目指します。

  2012年7月の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の開始以降、バイオマス燃料を用いた発電事業への取り組みが活発化しており、当社は制度開始以降、同制度の適用を受けるバイオマス発電設備を30基以上受注しております。近年ではバイオマス発電設備の運転経験の無いお客様からの引合いも増加しており、設備の建設だけではなく、設備の運転管理や電力の取扱い等、お客様のニーズも多様化してきております。当社グループは、バイオマス発電や都市ごみ焼却の分野で長年リーディングカンパニーとして培ってきた経験・ノウハウをもとに、設備の建設にとどまらず、発電事業に必要なプラント運転管理やO&Mのご提案等、グループ一丸となって、お客様の事業に寄り添う最適な提案を行い、多様化するニーズに応えてまいります。

(完成イメージ図)
(完成イメージ図)

事業の概要

工事名称 SARAパワー発電所建設工事
設置場所 岡山県笠岡市
発電規模 10,000kW
主な燃料 PKS等の輸入木材、一般木材
完成予定 2019年3月
O&M受託期間 2019年4月1日~2039年3月31日(予定)

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2018年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ