CONTACT
TOP
技術情報 TECHNOLOGY

技術情報TECHNOLOGY

排ガス処理技術

水銀用活性炭間欠投入技術

水銀連続分析計の指示値が一定値まで上昇した段階で数時間分の活性炭量を一度に投入する技術で、水銀濃度が一定値を超えた場合のみ活性炭を投入するため、従来の常時活性炭を吹き込む方式に比べて活性炭の使用量を削減することができ、運営維持管理費を低減できる技術です。

水銀用活性炭間欠投入技術

タクマ技報掲載の関連記事

第22巻2号 「都市ごみ焼却施設における水銀除去技術の開発」
第23巻2号 「タクマ最新の排ガス処理技術」
タクマの技術紹介一覧へ戻る