CONTACT
TOP
技術情報 TECHNOLOGY

技術情報TECHNOLOGY

燃焼制御技術

先行型燃焼制御(自動燃焼制御)システム

近年、多くの廃棄物処理施設において廃棄物焼却発電が積極的に進められています。しかし、燃料となる廃棄物は熱量(ごみ質)が一定でないため、蒸気発生量が変動し、安定した一定の発電量が確保できないという問題をかかえております。当社はこの問題を解決するため、「先行型燃焼制御システム」を開発しました。この技術は、レーザ式排ガス分析計により連続測定した排ガス中のH2O、O2濃度、および演算により求めたCO2濃度を用いて、ごみの低位発熱量をリアルタイムで近似計算することで、蒸気発生量の変動を約4分前に予測し、その予測値を用いてごみの供給量や燃焼空気量をフィードフォワード制御することによって、安定的かつ高効率な発電を可能とする技術です。

先行型燃焼制御(自動燃焼制御)システム

タクマ技報掲載の関連記事

第24巻2号 「レーザ排ガス分析計を用いたごみの低位発熱量リアルタイム演算と自動燃焼制御への適用と効果」
タクマの技術紹介一覧へ戻る