2017年9月26日
株式会社タクマ

株式会社日本海水向けバイオマス発電設備の受注について

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、代表者:加藤 隆昭)はこのたび、株式会社日本海水(本社:東京都千代田区、代表者:金澤 正博)よりバイオマス発電設備を受注いたしました。

 日本海水は製塩業界におけるリーディングカンパニーであり、環境事業をはじめとして水事業や農業事業など、製塩事業で培った技術をベースに新規事業開発に取り組まれています。2014年度には同社赤穂工場において、老朽化した製塩用ボイラの更新にあたり、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の活用及びCO2削減や雇用の創出などの社会貢献を勘案したうえで、天然ガスボイラと木質バイオマス発電所(第1バイオマス発電所)を建設し、本格的に電力事業に参入されました。

 本発電設備は、同社赤穂工場における2件目のバイオマス発電所として建設されるものであり、PKS(パーム椰子殻)や、これまで有効に活用されてこなかった樹皮、また、間伐材等の未利用材等を燃料として利用する予定です。発電出力は30,000kWで、発電した電気は「FIT制度」の設備認定を受け、電気事業者への売電が計画されています。

 バイオマスを燃料とするボイラは、当社が最も得意とする商品のひとつであり、1950年代から木質チップやバガス(さとうきびの搾りかす)のボイラを国内外に合わせて600缶以上納入しております。2012年7月の「FIT制度」の開始により、安定的な収益が見込めるようになったことから、バイオマス燃料を用いた発電事業への取り組みが活発化しております。当社は、これまで培ってきた技術とノウハウをもとに多種多様なバイオマスの特性に応じた最適システムを提案し、顧客ニーズに応えてまいります。

設備の概要

工事名称 赤穂西浜バイオマス発電所建設工事
設置場所 兵庫県赤穂市
発電規模 30,000kW
主な燃料 PKS、樹皮、間伐材等の未利用材等
完成予定 2020年6月

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2017年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ