「下水道展'17東京」に出展します(2017/8/1~8/4)

終了しました

イベント名 下水道展'17東京
開催期間 2017年8月1日(火)~ 8月4日(金) 4日間
10:00~17:00 (但し、初日開館10:30、最終日閉館16:00)
会 場 東京ビッグサイト
当社ブース 東展示棟6ホール511
URL http://www.gesuidouten.jp/
参加費 無料
主 催 公益社団法人 日本下水道協会
当社の連絡先 事業管理本部水処理業務部
TEL 06-6483-2690

出展内容

階段炉下水汚泥焼却発電システム(ストーカ炉)

<特長>

低消費電力:気泡式流動床炉に比べ6割程度の消費電力
補助燃料不要:補助燃料なしで安定した自燃と、発電を両立
温室効果ガス削減:高温燃焼の流動床炉(850℃)と比べても、NOの発生を1/6~1/10程度まで抑制
創エネ:廃熱ボイラによる蒸気発電(タービン、スクリュー、バイナリ―の各種発電機との組合せ)
長期安定性:砂を焼却媒体としないため、砂の固着によるトラブルがなく、高濃度リン含有汚泥でも影響がない
  • 階段炉は複数の既設炉で20年以上の安定運転実績があります。
  • 2013・2014年度B-DASHプロジェクトにて実証、2015年度に技術導入ガイドライン(案)が策定・公表されました。
  • 2016年度に日本下水道事業団の新技術導入制度において新技術Ⅰ類に選定されました。

ユニフロサンドフィルタ(上向流移床型砂ろ過装置)

  • 砂の連続洗浄機構を持ち、圧損が小さく一定で省エネです。
  • 累計2,500台以上の豊富な納入実績があります。
  • さまざまなニーズに応えるバリエーションがあります。
「高速型」 省スペースで、既存躯体を利用した更新需要に対応できます。
「脱窒型」「脱リン型」 窒素・リン規制に対応できます。

回転ドラム型濃縮機

  • ドラムスクリーンが低速回転するシンプルな構造の極めて省エネな汚泥濃縮機です。

固定床型アナモックスプロセス

  • 低曝気動力の省エネ型窒素除去システムです。
  • 2012・2013年度B-DASHプロジェクトで実証、2014年度に技術導入ガイドライン(案)が策定・公表されました。

タクマブースでは、「階段炉下水汚泥焼却発電システム」のプレゼンテーションを実施します。また「ユニフロサンドフィルタ」、「回転ドラム型濃縮機」の模型を展示します。

下水道バイオマスからの電力創造システムに関する技術実証研究

国交省B-DASHプロジェクト「下水道バイオマスからの電力創造システムに関する技術実証研究」として和歌山市中央終末処理場にて2013年度、2014年度に実証研究を行いました

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
事業管理本部水処理業務部
TEL : 06-6483-2690

2017年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ