2016年1月25日
株式会社タクマ

高効率比例制御ガス焚貫流ボイラを発売
~定格負荷効率99%(部分負荷効率101%)を達成、高ターンダウン比8:1の比例制御により負荷追従性向上~

 当社子会社の株式会社日本サーモエナー (東京都港区、社長:藤田雅人)は、定格負荷効率99%※1(部分負荷効率101%※2)を達成し、高ターンダウン比8:1の比例制御により負荷追従性を向上した高効率貫流ボイラ「スーパーエクオス EQi(H)-6001NM (換算蒸発量:6000kg/h)」を、1月から販売開始しました。

 本製品は、ボイラ本体の熱効率向上と空気比1.2の低空気比燃焼により、定格負荷効率を従来の98%から99%まで向上させて、部分負荷効率101%を達成しました。またバーナのターンダウン比を従来の5:1から8:1まで高めて、出力を比例制御することにより、負荷追従性が向上しました。

 給水方式にも比例制御を採用することで、汽水分離器の水位を一定に保つことにより、幅広い圧力範囲で乾き度99.5%以上の高品質な蒸気の供給が可能であり、負荷静定時・変動時においても圧力変動幅は極めて少なく、高い乾き度の維持が可能となりました。さらに、給水量変動に応答して連続ブロー量を制御することにより、従来よりも効率よくブロー水の熱回収が行えるようになりました。

 また本製品は、従来比20%減の省スペースで連結設置が可能であり、複数台設置することで大容量化に対応し、高い効率を維持した台数制御運転ができます。

 日本サーモエナーは、本製品を工場や大型建築物などの熱源として、幅広いお客様にご利用いただけますよう提案してまいります。

※1: 0.98MPa仕様(0.49Mpa、給気温度35℃、給水温度15℃)
※2: ボイラ負荷率40%

外観

外観写真

特長

(1) 業界No.1の超高効率運転
  定格負荷効率99%*1 (部分負荷効率101%*2)を実現しました。
*1: 0.98MPa仕様(0.49MPa、給気温度35℃、給水温度15℃)
*2: 負荷率40%

部分負荷効率

(2) 良質な蒸気をご提供
幅広い圧力範囲において、蒸気乾き度99.5%以上を実現しました。

蒸気

定格運転時蒸気乾き度(対 ボイラ圧力)

(3) PI制御による高い負荷追従性能
圧力制御はPI制御(比例積分制御)を採用し、あらゆる蒸気負荷においても安定した蒸気圧力と高い蒸気乾き度を維持し、高品質な蒸気の供給が可能です。

自動運転上記圧力、蒸気乾き度(対 蒸気負荷)

(4) 高ターンダウン比(8:1)と優れた燃焼性能
新開発のバーナでは低空気比燃焼が可能であり、空気比1.2においてNOx排出量55ppm以下を達成しました。さらに燃焼量を12~100%で比例制御することにより、負荷要求に対してきめ細かく対応することができます。

燃焼負荷率/設定O2における換算Nox値およびCO値

(5) 給水量変動応答ブロー制御採用(特許 第5826539号)
連続ブロー時、給水量の増減に対応しブロー量も増減するので、あらゆるボイラ負荷でも効率よくブロー水の熱回収が行えます。

ブロー制御

(6) 連続パイロット制御(オプション)
負荷0%からの負荷増加においても、ボイラ圧力の低下を最小限に抑えることが可能です。

連続パイロット時負荷追従性

(7) 静音設計

缶前74dB以下(従来比-6dB)の静音設計
「ボイラの騒音ラベリング制度」適合品((一社)日本産業機械工業会)

(8) 連結設置が可能
多缶設置の際に連結設置を可能とし、約20%の省スペース化*が可能となりました。
*日本サーモエナー従来機比較

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
株式会社日本サーモエナー 事業企画部
TEL : 03-6408-8254

2015年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ