2014年3月27日
株式会社タクマ

今治市向けごみ処理施設整備・運営事業の受注について

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:加藤隆昭)はこのたび、今治市が発注する「今治市新ごみ処理施設整備・運営事業」(以下「本事業」)を受注いたしました。

 本事業は、今治市の既存の4つのごみ処理施設を集約し、1施設での処理体制を構築することを目的として、DBO方式により新たに可燃ごみ処理施設およびリサイクルセンターを整備するもので、当社を代表企業とする企業グループが施設の設計・建設に加え、施設引渡し後20年間の運営業務を一括して受託します。

 本施設は、最新鋭の設備・システムを導入し、廃棄物を適正かつ安定的に処理し、高効率発電により積極的にエネルギー回収を図るとともに、災害時における地域の防災拠点としての機能や、地域住民の方々の憩いと交流の場の提供、環境啓発・体験型学習及び情報発信ができる施設として計画しております。

 なお、施設の運営業務は、当社と株式会社タクマテクノスが設立したSPC(特別目的会社)「今治ハイトラスト株式会社」が行います。

 当社グループは、国内外の都市ごみ焼却施設で約350施設、廃棄物破砕・資源化施設で約80施設と豊富な建設実績、ならびに多数の運転維持管理・運営実績を有しており、今後も顧客ニーズに応じたプラントを提供してまいります。

完成イメージ
完成イメージ

事業の概要

発注者 今治市
落札者
代表企業 (株)タクマ
構成員 (株)タクマテクノス西日本支社
協力企業 (株)安藤・間四国支店
事業名 今治市新ごみ処理施設整備・運営事業
建設場所 愛媛県今治市町谷地内他
事業内容 施設の設計・建設および運営業務
施設概要 ①可燃ごみ処理施設
施設規模 174t/24h(87t/24h×2炉)
炉形式 ストーカ方式
発電出力 3,560kW
②リサイクルセンター
施設規模 41t/5h
処理方式 破砕・選別・圧縮・梱包・一時保管
事業方式 DBO(Design:設計、Build:施工、Operate:運営)方式
事業期間
工事期間 2014年2月 ~ 2018年3月
運営期間 2018年4月 ~ 2038年3月
契約金額 21,150,000,000円 (消費税等相当額を含まず)

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2013年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ