一般廃棄物処理プラント

タクマは、一般廃棄物処理施設の建設からアフターサービスまで、
一貫した取り組みを展開し、地域の安定したごみ処理に貢献します。

一般廃棄物処理プラントは、人々の生活を支える、社会に欠かすことのできない施設です。
タクマは、1963年に日本で初めて全連続機械式ごみ焼却プラントを完成させて以来、国内で最も多く一般廃棄物処理施設を建設してきた、リーディングカンパニーです。
豊富なノウハウにもとづく幅広い製品ラインナップとサービスで、建設からアフターサービスまでお客様の様々なニーズにお応えします。

製品ラインナップ

  • ストーカ式焼却炉

    50年以上の歴史が証明する信頼性に最新技術を融合させ、安全で安定したごみ処理を実現します。

    ストーカ式焼却炉

    詳しくはこちら

  • バイオガス回収プラント

    小規模な施設においても、メタン発酵によって高効率な発電を実現します。

    バイオガス回収プラント

    詳しくはこちら

  • ガス化溶融炉・灰溶融炉

    再利用可能な溶融スラグを生成することで、最終処分量の低減に貢献します。

    ガス化溶融炉・灰溶融炉

    詳しくはこちら

  • リサイクルセンター

    粗大ごみや資源ごみを効率よく破砕・選別するシステムを構築し、循環型社会の形成に貢献します。

    リサイクルセンター

    詳しくはこちら

アフターサービス

  • 施設のメンテナンス・運転管理

    豊富な経験に基づくメンテナンスと運転管理により、施設の安定稼働と長寿命化を実現します。

    施設のメンテナンス・運転管理

    詳しくはこちら

  • 施設の改造

    施設内の主要な機器の改造を行うことで、施設能力の向上と延命化を実現します。

    施設の改造

    詳しくはこちら

ページトップへ