平成25年10月23日
株式会社タクマ

北但行政事務組合向けごみ処理施設整備・運営事業の受注について

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:加藤隆昭)はこのたび、北但行政事務組合が発注する「北但ごみ処理施設整備・運営事業」(以下「本事業」)を受注いたしました。

 本事業は、組合を構成する豊岡市、香美町および新温泉町において現在稼動している各々のごみ処理施設の老朽化に伴い、DBO方式により新たにクリーンセンター(高効率ごみ発電施設)、リサイクルセンター(マテリアルリサイクル推進施設)、周辺整備(拠点施設ゾーン、利用・体験の森ゾーンの整備)等の施設を整備するもので、当社を代表企業とする企業グループが施設の設計・建設業務に加え、施設引渡し後20年間の運営業務を一括して受託します。

 本施設では、排ガス再循環システムやレーザ式O2分析計の採用など最新鋭の設備・システムを導入し、同規模施設でトップクラスの発電効率20%を実現するものとしております。

 なお、施設の運営業務は、当社と株式会社タクマテクノスが設立したSPC(特別目的会社)「ほくたんハイトラスト株式会社」が行います。

 当社グループは国内外の都市ごみ焼却施設で約350施設、廃棄物破砕・資源化施設で約80施設と豊富な建設実績、ならびに多数の運転維持管理・運営実績を有しており、今後も顧客ニーズに応じたプラントを提供してまいります。

完成イメージ
完成イメージ

事業の概要

発注者 北但行政事務組合
落札者
代表企業 (株)タクマ
構成員 (株)タクマテクノス西日本支社
協力企業 株本建設工業(株)、(株)川見建設、(株)西山工務店
事業名 北但ごみ処理施設整備・運営事業
建設場所 兵庫県豊岡市竹野町 森本・坊岡 地内
事業内容 施設の設計・建設および運営業務
施設概要 ①クリーンセンター(高効率ごみ発電施設)
施設規模 142t/24h(71t/24h×2炉)
炉形式 ストーカ方式
発電出力 2,850kW
②リサイクルセンター(マテリアルリサイクル推進施設)
施設規模 19t/5h
事業方式 DBO(Design:設計、Build:施工、Operate:運営)方式
事業期間
工事期間 平成25年10月 ~ 平成28年3月
運営期間 平成28年 4月 ~ 平成48年3月
契約金額 17,261,000,001円 (消費税等相当額を含まず)

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2013年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ