2012年6月4日
株式会社タクマ

平成24年度東日本大震災により生じた災害廃棄物の国代行処理業務(相馬市・新地町)における仮設焼却炉建築工事の受注について

 株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:手島肇)はこのたび、「平成24年度東日本大震災により生じた災害廃棄物の国代行処理業務(相馬市・新地町)における仮設焼却炉建築工事」を環境省より受注いたしました。

 本業務は、東日本大震災により発生した災害廃棄物を焼却処理するための仮設焼却炉を福島県相馬市に設置するもので、当社はプラントの設計・施工から本年度内の施設運営までを行います。

 当社は廃棄物処理における実績とノウハウをもとに、被災地の一日も早い復旧・復興に向けて、グループをあげて災害廃棄物の適正処理に取り組んでまいります。

業務の概要

1 件   名 平成24年度東日本大震災により生じた災害廃棄物の国代行処理業務
(相馬市・新地町)における仮設焼却炉建築工事
2 工事場所 福島県相馬市光陽2-1-1
3 工   期 2012年 5月 7日 ~ 2013年 3月31日
4 設備概要
 ① 処理対象物 災害廃棄物(破砕・選別処理後の可燃物)
 ② 公称能力 階段式ストーカ炉 300t/24h(150t/24h×2炉)
回転式ストーカ炉 270t/24h(270t/24h×1炉)

以上

本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
経営企画本部企画部企画課
TEL : 06-6483-2602

2012年度ニュース一覧へ戻る

ページトップへ